人生このままでいいのかと感じたら~点と点を生きるということ

心が楽になる考え方
miho
miho

こんにちは、mihoです

日々、お仕事や子育てやあれやこれに追われてあっという間に日々が過ぎていく時に虚しさや「このままでいいのかな」という焦りを感じたことはありませんか?

仕事をしていれば仕事だけで一日が終わり、
子育てをしていれば子育てだけで一日が終わり、
病気で療養中の方はベッドの上で一日が終わってしまうことがあるかもしれません。

そんなこのままでいいのかな?と何となく思っている方に向けて今日は書きます。

もうたく父さん
もうたく父さん

父さんは、蒙古タンメンを食べて一日が終わるときがあるよう

人生は絶対的ではなく、相対的なもの

人生は、線のようにつながる絶対的なものではなく、毎日、毎瞬が互いにつながらずにただ存在している相対的なものです。

今やっていることが、今までのことと、これからの自分のことと何の関連性もないように見えても、それで良いのです。

あとから線のように点と点が繋がるかもしれませんし、繋がらない点もあるかもしれません。

なにが繋がるかもあとになってみないとわからないのですから。

ですから今、「このままでいいのかな?」と悩み立ち止まるその点も、ただそれだけでいいのですね。

いつも心は前向き、積極的に

どんなに落ち込んでも、うちのめされても、必ず誰かが「大丈夫だよ」と言ってくれませんか?

あなたの周りには、どんなにあなたがピンチに陥っても必ず「大丈夫だよ」と言ってくれる人がいるはずです。それは、友だちかもしれませんし、同僚や家族、パートナー、偶然居合わせたバーで知り合った人。

誰かが必ず「大丈夫だよ」と言ってくれています。

これは、他ならぬあなたの心が、どこかでそう感じていることを外の世界の誰かが表現してくれているということです。

あなたの心やあなた自身を信じて前向きに、そして捉え方を変えてみましょう。

あなたを信じてくれる人と、自分自身を信じて前向きに、積極的に毎日を過ごしていればきっとたくさんの「安心、安全、愛情、成功」に出会えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今日は、点と点を生きるということについてお話しました。

私自身もカウンセラーとして活動していると、周りに吐き出せない気持ちが溜まることがあります。

その時は人生を線のように無理やり繋げようとしていることが多いんですね。

どうにかすることでは、本来ないのです。 自分がやりたくないことはやらない。 やりたいことをやる。 人に優しく。 自分の心をコントロールする。 それだけで誰かと自分を比べることなく、嫉妬もなく、穏やかに過ごしてゆけるのです。

 

もし、近くに「大丈夫だよ」と言ってくれる人が誰もいないと言うのであれば私が何度でも言います。どんな些細なことでもいいのでご相談お待ちしております( ’∀’)

★毎週月曜日(不定期)にゆるっと配信★

LINE@からご相談も受け付けております。

メッセージはお返ししますので、なんでもお話くださいね^^

はにわん
はにわん

ゆるっとLINE@登録

 

miho
miho

最後まで読んでいただきありがとうございます

この記事を書いた人
miho

『アドバイスしないカウンセリング』

自分で問題を解決する力を育てるをテーマに、ワークを使ってカウンセリングしています。 仕事に関する心の悩みを解決するカウンセリングサービスLINKS運営。 3度の飯より飯が好きなお調子者(´・∀・ `)

mihoをフォローする
心が楽になる考え方
mihoをフォローする
みほろぐ

コメント