頑張ってるのにうまくいかないときはこう考える!

心が楽になる考え方
miho
miho

もうたく父さんは今なにか頑張っていることある??

もうたく父さん
もうたく父さん

毎日500円玉貯金を頑張ってるよ。新しいゲーム機がほしい

miho
miho

すごいね!あとどのくらいで貯まりそうなの?

もうたく父さん
もうたく父さん

あと一週間もすれば目標金額達成!ってところでいつも飲み代が足りなくなって使っちゃうんだけどね。今度こそ達成しそうなんだ

 

 

miho
miho

お!それはじゃあ前祝いしなくちゃね!

これから飲みに行こうか(‘ω’)

もうたく父さん
もうたく父さん

お!いいね!行こう

miho
miho

( ゚Д゚)

努力は報われる、というのは本当?

「なんでこんなに頑張ってるのに契約とれないんだろう。」
「どうしてこんなに好きなのに分かってくれないんだろう。」
「一体なぜこんなに辛い思いをしているのに良くならないんだろう。」

辛いですよね。

 

歯を食いしばっても頑張ってきたからこそ出てくる感情です。
今まで一人で投げ出さずに頑張ってきた、そんなあたなは本当に忍耐強くて頑張り屋さんです。

だからこそこう、思いますよね。

 

「それじゃあ、この努力は必ず実るの?」

 

残念ながら、努力は必ずしも「その時望んだ結果」を生み出すとは限りません。

 

でも、あなたが人生の冬の辛い時期に一生懸命努力して蒔いてきた種は、必ず春になると芽吹きます。

 

つまり、あなたの努力は必ず「あなたの望む成功」に近づいているということ

 

実は、「頑張ってもうまくいかない」の感情にはそのヒントがたくさん詰まっているんです。

 

頑張りすぎる人は無理をしがち

 

私は少し前まで法人営業として働いていたのですが、年間にこなさなければならない決められた契約本数がありました。

 

日々200件以上電話で営業をかけたり、飛び込みで日に何十社も訪問してました。

 

今でも自分のグーグルマップはその時マッピングした★マークでいっぱいです。
主要駅がガチで★だらけで気持ち悪い( ;∀;)笑

 

一都三県に規模はまたがっていたので、おそらく数百社はあったかなと思います。
女性でも関係ありませんでした。
数字だけが物言う世界でしたから、仕事のよくできる同期にはたびたび「発言したければ数字を作れ」なんてかっけーこと言われてました。笑

 

営業って不思議なんですよね、毎月決まって確実に成績残せることもあれば必ず落ち込むこともあります。しかも成績不振が続くこともあります。
もちろん結果が出なければ上司から詰められ、会社には居づらい雰囲気になること間違いなし。

 

特に私がいた当時の会社は結果が出なければ待ったなしでいびられてクビ!

 

先輩が何人もそうして耐えかねて退職していき、先輩も後輩も常にいないような時代錯誤も甚だしい会社だったので、少しのミスや成績不振にいつも脅えていました。

まぁ、今にして思えば何にも脅える必要なんてなかったのですが笑

成績の上がらない月末には胃が締め付けられる心地がしてましたし、当時の私は、電車のホームで友人に会った際に「飛び込みそうな顔してたぞ」と言われたほどでした。

しかもそんな時って、どう頑張ったって空回りするだけで状況悪化させてくだけなんですよね。

突然、自分に合わない営業スタイル変えてみたり、時間や努力が足らないからと無理に残業して体を酷使したり。
頑張るのは大切なんですけど、気持ちが焦っているとパフォーマンスはどうしても上がりませんし、体も心も酷使することによって疲弊していき、ただでさえ「うまくいかない状況」が目の前にあるのに、意味の分からない空回りでミスを偶発してしまったりして「さらなるうまくいかない状況」を生み出しておりました。

ええ。前回の記事にもあったように、ネガティブ思考のスパイラルですね( ゚Д゚)

まさにネガティブ筋トレですね。日本選手権くらいには出られるくらいのネガティブさでした。
電車のホームから落っこちるんではないか、くらいでしたから。
ネガティブ筋トレの記事はこちらから。笑

分かっているんですけどね。
その渦中にいる自分には冷静な判断ができないんですよね。

胃もメンタルもボロボロで、お酒やたばこやタクシー帰宅ばかりが増える一方。
家に帰っても仕事のことばかり考えてしまうし、そうして睡眠時間が削られていき、食欲もなく、まさに負のスパイラル。

潔くあきらめる
よく、「落ちても底があるから今度は上がるだけ」なんて言いますけど、

落ちて落ちて落ちた先は?

落ちてくだけです(-_-)笑

それじゃあ、切羽詰まった私はどうしたか。

 

切羽詰まった私がしたこと

 

深く反省しました。

そしてうまくいかない現実をコントロールしようとすることを諦めました。
「いまの現状は私自身の日々の行動や言動が招いた結果だ。とにかく今日から変えよう」
今月はもうあと数日しかない。必死で頑張れば大逆転があるかもしれない。でもないかもしれない。

そんな中で、その次の月にしっかり成績を残すためにはある程度見切りが必要でした。
必死で余裕のない今の私のような人間とは誰も仕事をしたくありません。
まず、今月思うように契約が伸びなかった要因はなんだろうと必死で考えました。
次に、自らの至らない点は深く反省しました。

そして、月末の社内が緊迫している雰囲気の中、私はあたかも契約が取れたかのようにふるまい(ただの頭おかしいやつだったかもしれん)
翌月の契約を獲得するために効果的な営業トークを前倒して考えて実践しました。
同業者もお得意先も月内に収めたい雰囲気が漂う中、すでに目標達成していて余裕がありそうな「仕事のできる営業マン」だけに的を絞って営業をかけました。
「私も今月はおなかいっぱいだから、契約は来月でいいからお互いおいしくまとめてやっちゃいましょうよ」なんて言って笑

(実際は切羽詰まってるけどな!!!!!!!!)

そもそも無い袖は振れない状況の中で、必死に残業を頑張って接触回数を増やしたところで当たる確率は低い。
つまりは、今月中の達成は見切りをさっさとつけて、来月、今月ショートした分を確実に取り返せばいいやと思考を切り替えたのです。
そして自分でも驚いたのですが、月の変わった数日後には前月取れなかった分をアドオンしてその月の目標も達成してました。月初に終わらすってほんと気分いいんですよね。

 

今いるのは成功までの道の上

現パナソニック(旧松下電気器具製作所)の創業者の松下幸之助さんもこんなこと言ってます。

何事もゆき詰まれば、まず、自分のものの見方を変えることである。
案外、人は無意識の中にも一つの見方に執して、他の見方のあることを忘れがちである

 

まさにこれですね。

そして、頑張ってもうまくいかない自分が情けなくて辛くて辛くて毎日帰宅時に涙をこぼしてた時期があったのですが、その時期にあきらめずに「あともう10本電話する!」「あともう一件訪問する!」と歯を食いしばり続けていたからこそ実はそのずっと後の契約に結び付いた、なんてこともありました。
そして契約に結び付かなくても、退職した今でも業界が変わったにもかかわらずお付き合いのある業者さんが何名かいらっしゃいます。

それってもう財産ですよね。
自分が情熱をかたむけたものは、必ずあとから返ってきます。

お金や時間も一緒です。
どれだけ自分が種まきをしたか。だと思うのです。
ピンチや壁が目の前に立ちはだかると人は、不安や恐れや焦りのネガティブな感情が沸き起こります。

そのネガティブな感情に飲み込まれたままでは、そこで一難去ってもまた再び同じことを繰り返すことになります。
コツコツと積み重ねてきた自分の行動に間違いはありません。
あなたが今「どうしてこんなに頑張ってるのに」と思っているのであれば、考え方を少し変えるチャンスかもしれません。

切り替えたスイッチの先に広がる世界はきっと「望んでいた成功」に繋がっているはずです。

毎週月曜日になんだかほっこりする話題をお届けしています♪
今日の記事で感じたことがもしありましたらこちらからお気軽にお話くださいね。
お返事お返しします。
LINE@の登録はこちらから

 

miho
miho

今日も最後まで読んでくれてありがとう

この記事を書いた人
miho

『アドバイスしないカウンセリング』

自分で問題を解決する力を育てるをテーマに、ワークを使ってカウンセリングしています。 仕事に関する心の悩みを解決するカウンセリングサービスLINKS運営。 3度の飯より飯が好きなお調子者(´・∀・ `)

mihoをフォローする
心が楽になる考え方
シェアしてみる!
mihoをフォローする
みほろぐ

コメント